Utopia:Origin(ユートピアオリジン)とは?序盤の攻略方法など

title Mobile

どうも、うさこたです。

 

今回はスマホ向け無料サバイバルMMORPGについてご紹介します。

クオリティが高く、超オススメゲームです!

 

公式トレーラーはこちら!

正式名称は、

「Utopia: Origin Play in your way!」です。

≪次の記事≫
≪関連記事≫

 

 

Utopia:Origin(ユートピアオリジン)はどんなゲーム?攻略方法など

UtopiaScreen1

「ユートピアオリジン」はかなりクオリティが高く、サバイバルゲーム好きにはたまらない作り込みです。

 

類似ゲームで言えば、

「ARK Survival Evolved」「RUST」と近い印象です。

採取やクラフト、建築やペットのテイムなど

 

実際にどんなゲームなのか、

序盤の攻略も交えてご紹介していきたいと思います。

 

最初にPVPとPVEを選べる

UtopiaScreen2

まず、ゲームを起動するとPVPかPVEのどちらで遊ぶか選択できます。

PVP=他のプレイヤーと敵対する。
PVE=他のプレイヤーと協力する。
もし、ゲームをゆっくり楽しみたいと思うのであれば迷わずPVEを選択しよう。
PVPを選択してしまうと他のプレイヤーにいきなり襲われたり、せっかく集めたアイテムを強奪される事もある。
血で血を洗うゲームモード・・・それがPVPだ

キャラクタークリエイトについて

UtopiaScreen4
キャラクタークリエイトでは、
現段階では簡単な作り込みしかできないようだ。
≪作り込める種類≫
・性別
・髪の色
・服の色
その後、画面下の黒い帯の部分をタップしてキャラクターの名前を決めたら、いよいよ広大なフィールドに降り立つことができる。

降り立つフィールドを選択する

UtopiaScreen5

キャラクタークリエイトが終わると、

次に大きな地図が表示されて、どこから冒険を始めるか選択できる。

 

選択できるところに黄色いマークが表示されているので、そちらをタップしよう。

うさこた(筆者)は右下の無人島のような所を選んだ

いよいよ冒険が始まる

UtopiaScreen6

何やら雰囲気が良さげな場所に降り立った。

全体的にほのぼのしたBGMに可愛らしいアニメ調になっている。

 

そして、辺りには草食動物がたくさんうろついている。

UtopiaScreen7

このゲームの目的は良く分からないが、

サバイバルゲームは大体そんなものなのでとりあえず近くに生えている草むらから果物を採取。

 

空腹ゲージと水分ゲージがあるので、

定期的に果物を食べたり水筒を作って水分補給しよう。

 

食料については手探りでもなんとかなるので水筒の作り方について解説します。

 

水筒の作り方

まず、画面一番右上の「ハンマーのアイコン」をタップすると下記画像のようなクラフト画面が出てくる。

※クラフト画面=工作してアイテムを作る為の画面

UtopiaScreen0

そして、クラフト画面が表示されたら次は画面左上の「手」のアイコンをタップしよう。

そうすると、「手」のアイコンの右側に「items」という項目が表示されるのでそちらをタップする。

スポンサーリンク

作れるアイテムはレベルアップによってアンロックされていくようだ
画面上に水筒が表示されているのだが、
水筒を作る為には「レザー(皮)」が必要になる。
先ほど近くをうろついていた草食動物を殴って倒すと肉と皮が手に入るので手に入れておこう。
UtopiaScreen0000
水筒を作ったら画面右下のバッグのアイコンをタップしてメニューバーに追加しておくと便利だ。
近くの水場や海に入ると水筒の水は自動的に満タンになる。
チュートリアルを進めていくとちゃんと教えてもらえる

素材を集めて焚火を作ろう

UtopiaScreen16
水筒を作ったときと同様で、
画面右上をタップして表示されるクラフト画面では焚火を始めとする様々なアイテムを作ることができる。
草食動物を倒すと「肉」が手に入るのだが、焚火で火を通すと美味しく食べることができる。
焚火を作る為には木材が必要なので、辺りの木を殴って回収しよう。
焚火は一度設置しても、何度でも回収できるので使い放題だ

UtopiaScreen8

これは、ニワトリを倒したときに手に入る鶏肉だ。

肉には豊富な種類が存在しており、

どの肉でも焚火で焼いて食べることができる。

良い肉の方が満腹になりやすい

素材回収ツールを作ろう

UtopiaScreen9
さすがに素手で木や石を殴るのは効率が悪い・・・。
というわけで、サバイバルゲームの基本である「斧」「ツルハシ」を作ってみよう。
斧とツルハシも先に紹介したクラフト画面で作ることができる。
斧は木材5個、ツルハシは木材15個が必要
UtopiaScreen14
斧は主に木材を多く採取するために使う。
そして、ツルハシは石を多く採取できる。
UtopiaScreen19
もし余裕があれば木材20個で「棍棒」を作ることもできるので作っておくと良い。
棍棒は敵に与えるダメージが大きくなるのでPVPでは自衛のためにも必要
ここまでの基本操作を覚えておけば後はどうにでもなるので、次はゲームの進め方について解説します。

基本的な進め方

UtopiaScreen25

画面左上に簡易的なマップが表示されているが、そのすぐ右下に英語で文章が表示されている。

この文章がチュートリアルになっており、『アレしろコレしろ』と注文してくる。

英語に自信がなくても、簡単な英文字なので大丈夫だ
この記事で紹介したようなアイテム作成はチュートリアルで一通りこなすことができる。
英語アレルギーの方もいるので、
当記事にて冒険の触りだけ日本語解説しました。
記事でお伝えしたことができていればゲームの仕様も少しは理解していると思うので、この無慈悲な世界で生きていくことができるだろう。

最後に

 

UtopiaScreen29
次回の記事では、「マウント(乗り物)」を手に入れる方法についてご紹介します。
マウントはかなり多様な種類が存在しており、自分好みのペットを手に入れることも冒険の醍醐味になっている。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました