Survival on Raft(サバイバルオンラフト)資源を超回収する方法

title Mobile

こんにちは、うさこた(@Usakota_blog)です。

 

今回は、筏(いかだ)サバイバル、

「Survival on Raft」超効率的な資源回収方法を紹介します。

うさこた
うさこた

これはスゴくおすすめ!

 

本作は、筏一つで大海原を生き抜く無料のサバイバルゲームです。

※正式名は、「Survival on Raft:Crafting in the Ocean」

 

≪ダウンロードリンクはコチラ≫

※iOSでは、ゲーム名が「Survival on Raft in the Ocean」です
≪関連記事≫

 

 

Survival on Raft(サバイバルオンラフト)資源を鬼回収する方法

game-raft1

再びこの世界に足を踏み入れてしまったぜ。

しばらく別のゲームをプレイしていましたが、

サバイバルオンラフトの記事を終わらせるにはあまりにも中途半端な気がしたので、やり残したことをやってしまおうと思います。

今回は資源を超効率的に回収する方法をご紹介します。

 

リソースネットの設置を工夫して資源回収

game-raft10

さて、結論から言うと「リソースネット」を使います。
※リソースネット=アイテムを自動回収する設置型の網

このゲームはフックを投げて資源を回収するのが基本ですが、レベルが上がるとアンロックされるリソースネットを使えば自動的に漂着した資源をキャッチしてくれます。

単純ですが、思い切り横に広げた足場にリソースネットを設置しまくってみました。

game-raft11

実際の効果は良い感じです!

遠くで漂流しているタルや箱も自動的にキャッチしてくれてます。

ただし、便利なだけではなく弱点もあります。

それはサメの襲撃でリソースネットが簡単に壊されてしまうことです。

壊されたらまた作ればいいんじゃないの?

壊されたらまた作ればいいのですが、正直めんどくさいですよね?

だって横に思い切り広げてるから遠くまで修理に行かなければならないんですよ。

このゲームはダッシュができない為、ゆったり歩いていくだけで結構時間がかかる。

というわけで、放置できるように改良してみます!

 

リソースネットを足場でガードする

game-raft17

リソースネットはサメの攻撃で瞬時に壊されてしまうので、リソースネットを足場で挟み込んでガードしてみました。

結果は・・・効果あり!

サメが足場をガブガブしてる間に槍で撃退できるようになりました。

これでもう安心だね!

まだ安心ではありません。

目には見えませんが、サメに攻撃された足場はダメージを受けているので、また同じ足場をサメが襲撃した場合すぐ壊されます。

スポンサーリンク

足場の体力を回復することはできない
一旦足場を壊して作り直せば足場の体力は満タンになりますが、それじゃあ補強した意味がないですよね。
そこでおススメの新アイテムがあります!
どこでもスパイクゥゥ~↑↑
game-raft6
※実は先ほどの画像で既に設置していたのは内緒
良さげなアイテムがアンロックされたので早速制作してみた。
上記画像のように「足場に設置」するタイプのアイテムです。
サメが襲撃してきたら自動迎撃してくれる神アイテム!
しかも素材は足場の約半分とコスパもいいです!
これでやっと安心できる!
game-raft13 game-raft18
ちょっと見えにくいかもしれませんが、足場のふちにトゲトゲが付いています。
注意点はプレイヤーもダメージを受けてしまうことです。
イカダの外周全てにスパイクを設置した後に海に落ちたら、もう二度とイカダに戻ることはできません、アーメン。
落ちなければいいんですが、たまに操作ミスで落ちてしまうこともあるので気を付けてください。
足場・リソースネット・足場・スパイク」の順に設置すれば最強の資源回収機の完成!

裏技的な資源収集方法を紹介

Raft-Screen1

実は、ゲームを一度終了して再起動すると漂流物が一瞬で回復します。

沖の方からたくさん流れてきます。

しかも、プレイヤーの位置からある程度離れた位置に資源が沸くので、うまいことリソースネット辺りに資源が沸くようにプレイヤーの位置を調整してゲームを終了すると資源が大量に回収できます。

上手いこと足場を伸ばして資源の沸き位置を調整しよう
まぁ、そこまでして資源集めてどうするんだ!?って感じですが。
巨大建築を目指す方などには良い方法かもしれません。

まとめ

game-raft11 game-raft17

今回は資源の効率的な回収方法についてご紹介しました。

本当は足場を思い切り横に伸ばしたらどこに辿りつくのかを検証したかったのですが、検証している途中で「あ、これ何もないな」と思ったのでやめました。

さらに効率的に回収したい方は足場とリソースネットを交互にたくさん設置すると幸せになれそうです。

 

≪関連記事≫



スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました