ゲーミングスマホ激安おすすめランキング5選【2020年最新版】

mobile-title Mobile

こんにちは、うさこた(@Usakota_blog)です。

 

今回は、ゲーミングスマホのおすすめをランキング形式で紹介します。

最近よく処理落ちするんだよね~

ゲーム用にスマホ買おうかしら

最近のスマホゲームはクオリティが高く、カクつきや処理落ちが多いですよね。

スペック差により、対人ゲームではとても不利になります。

 

今回は、最新のおすすめゲーミングスマートフォンをランキング形式でご紹介したいと思います。

価格も安く性能が良いスマートフォンを選んでいます

※ランキングだけ見たい方は目次からどうぞ

 

ゲーミングスマホについて

iphone

 

ゲーミングスマホを選ぶ基準について

ゲーミングスマホを選ぶときに参考にするべき項目は下記です。

・CPU(計算担当)
・GPU(描画担当)
・RAM(処理担当)
簡単に解説します。

 

CPU(シーピーユー)について

CPU(シーピーユー)の役割は、演算と制御を行う部品です。

ユーザーが操作をしたときに、「これをしろ!」という命令を的確に処理してくれます。

性能が良いと処理が速くなります。

性能が悪いと読み込みが遅くなったり処理落ちします

GPU(ジーピーユー)について

GPU(ジーピーユー)の役割は、描画処理です。
3Dゲームなど複雑な描画を担当してくれているおかげでサクサクと表示されます。
性能が良いと描画速度が速くなります。
性能が悪いとゲーム画面表示が遅くなりカクつきや処理落ちします
※スマホのGPUに関しては、CPUとセットになっているので単独で選択はできません

 

RAM(ラム)について

RAM(ラム)の役割は、作業効率のようなものです。

RAMが多く搭載されていると滞りなく処理ができます。

性能が良いと重い作業をしてもサクサク動きます。

性能が悪いと重たい処理ができず処理落ちします。

 

携帯ショップのスマートフォンでいいの?

携帯ショップの機種でいいんでしょ?

ダメです。

 

なぜなら、ショップに並んでいるスマホが必ずしも「最新&高性能ではない」からです。

普段、電話やSNS(Facebookやツイッター)で利用するだけの方なら全然問題ありません。

値段も高いのに何でダメなの?

スマホにはそれぞれ特徴があり、ユーザーが何を求めるかによって選択する機種が変わってきます。

ですので、最新の機種であればサクサク動くというわけではありません。

スマートフォンによってはカメラ性能を重視していたり、指紋認証耐久性ディスプレイの解像度を重視しているなど様々な特徴があります。

ゲーミングスマホを購入したいと思っている人に必要なのは、3Dの高画質ゲームがヌルヌル動くようなスペックを搭載したスマートフォンです。

適当にスマホを選ぶと後悔しちゃうかも

ゲーミングスマホは高いの?

「ゲーミングスマホは高い」というイメージがあると思います。
しかし、実際のところそんなことはありません。
少なくとも携帯ショップで最新機種を買うよりは安く購入でき、サクサク動作するものもあります。
現在は色々な選択肢(SIMフリースマホ、格安SIM)も増えたので、全体的な価格は下がりつつありますが、それでも未だに大手3社での契約は無駄に高すぎます。
携帯ショップの客はカモでしかない
上記を踏まえて今回ご紹介するスマートフォンは無駄に手数料の高い携帯ショップではなく、Amazonで誰でも購入できるゲーミングスマホをご紹介したいと思います。

ゲーミングスマホ激安おすすめランキング5選【2020年最新版】

walking-Smartphone

第一位.『Zenfone5』

スポンサーリンク

≪性能≫

・CPU:オクタコアCPU/1.8GHz
・RAM:6GB
・解像度:2,246×1,080(フルHD+)
・電池量:3,300mAh

特徴:6.2インチの大画面と90%のオールクリーンディスプレイにより、大迫力のゲーム体験ができます。スペックに関しても、CPU・RAM共にハイスペックなので気兼ねなく高画質でヌルヌルゲームができます。

少し割高になりますが、とにかくハイスペックがいい!という方におすすめです。

 

 

第二位.『P20』

≪性能≫

・CPU:オクタコアCPU/2.36GHz
・RAM:4GB
・解像度:2,244×1,080(フルHD+)
・電池量:3,400mAh

特徴:CPUやRAMは、「Zen fone5」に多少劣りますが、それでも最新のゲームを高画質でプレイすることができます。

コスパが良い割にスペックが高いので、手ごろな価格でゲームをがっつり楽しみたい方におススメです。

 

 

第三位.『Moto G6 Plus』

≪性能≫

・CPU:オクタコアCPU/2.2GHz
・RAM:4GB
・解像度:2,160×1,080(フルHD+)
・電池量:3,200mAh

特徴:とにかくコスパ重視で最新ゲームをストレスなく遊びたい人向け。

最高画質だとゲーム次第でカクつきが発生するかもしれませんが、ほとんどのゲームを快適に遊べます。

 

 

第四位.『P30 Lite』

≪解説≫

・CPU:オクタコアCPU/2.2GHz
・RAM:4GB
・解像度:2,312×1,080(フルHD+)
・電池量:3,340mAh

特徴:とにかくコスパ重視で最新ゲームをストレスなく遊びたい人向け。

こちらもコスパに優れており、かつスペックも高めです。

2,3年前のハイエンドスマホと同等のスペックですが、最新ゲームを最高画質でプレイするとゲームによってはモタつきを感じるかもしれません。

 

 

第五位

≪性能≫

・CPU:オクタコアCPU/2.96GHz
・RAM:12GB
・解像度:2,340×1,080(フルHD+)
・電池量:6,000mAh
特徴:規格外の高額ゲーミングスマホです。
超ハイスペックのため、最新ゲームを最高画質でプレイしても余裕があります。
数年先までスマホを買い替えずに最新のゲームをし続けたいという方におススメです。

 

 

まとめ

matome

今回は、ゲーミングスマホについてご紹介しました。

近年スマートフォンの性能の向上も頭打ちになりつつある印象ですが、ハイスペックなスマートフォンは操作性も良く、ゲームに限らず動画編集などにも能力を発揮するので気になる方はぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました