『アークサバイバルエボルブド』新マップGenesisの新生物について

title PC

こんにちは、うさこた(@Usakota_blog)です。

 

ARK:Survival Evolvedの大型DLC、

『Genesis』が遂にプレイできるようになりました!

今回の記事は多少のネタバレ要素を含むため、

事前情報なしでプレイしたい方は読まないほうが良いです。

主に新生物やマップについての解説です

 

≪関連記事≫

 

 

ARKの新マップ「Genesis」新生物について

title

アークサバイバルエボルブドの大型DLC「ジェネシス」が遂に解禁されました。

2020年2/27現在ではPC版が先行してプレイできます。

今回はジェネシスに関連する新生物、マップについてご紹介します。

・Genesisパート1と2
・新マップ
・新生物や能力
Genesis(ジェネシス)は難易度が高いマップのようだ

 

Genesisについて

ark-genesis1

新マップ「Genesis」は、PART1とPART2に別れており、シーズンパスを購入することでそれぞれの大型DLCを楽しむことができます。

最初に遊べるのはPART1で、PART2は後ほど提供される予定です。

それぞれが大型のDLCになっており、多数の追加コンテンツが内包されています。

過去DLCとの違いや追加コンテンツは下記の通り。

・ストーリーの拡張
・ミッションシステム導入
・新マップ
・新生物
・新アイテム

※新アイテムやミッションについては別記事で用意する予定です。

 

新マップについて

新マップ「Genesis」には、一つの世界に複数のバイオームが存在します。

そして、それぞれのバイオームに新生物が存在しており、そのどれもが強力です。

・活火山
・雪原
・湿地
・大海原
・宇宙

新生物とともにそれぞれのバイオームについてご紹介します。

どのバイオームの生物からテイムしようか迷いますね!

 

新生物や能力について

新生物については恐竜らしき生物は存在せず、全てクリーチャーです。

実際の挙動や特殊能力について紹介します。

 

雪原バイオーム

生物名:フェロックス(Felox)

普段は小型形態だが、エレメントを与えると巨大化する。

巨大化状態では、背中に騎乗することができ岩を投げたり前方に大きく跳躍したり壁に張り付くこともできます。

また、殴り攻撃と地面叩きつけ攻撃もあります。

走ってジャンプして壁を登るロックゴーレムといった感じです。

更に騎乗or肩乗せ時には防寒・防熱効果あり。

小型状態ではエレメントダストを自動採取してくれる。

落下ダメージも無く、サソリ騎乗時のように視点を向けている方向に即座に向きを変えるので機動力&操作性は抜群です。

スポンサーリンク

ロックゴーレムより雪玉(岩)投げの弾速が速い

 

活火山バイオーム

ark-genesis4

生物名:マグマサウルス

能力は口から溶岩のようなチャージブレスを撃ち出せます。

また、爆発する物質を周囲にバラまくこともできます。

そして、自分の周囲に敵を引き付けるガスを噴出したり、殴り攻撃も可能。

溶岩地帯をノーダメージで渡ることができるので活火山バイオームで大きく活躍しそうです。

石や鉄鉱石、黒曜石など様々な物を採取でき、インベントリ内で鉄鉱石を自動でインゴットに変換します

他の生物と比べると戦闘も強そうなので本DLC最強枠かな?

入手方法は火山内の巣から卵を持ち帰ること

湿地帯

genesis-tame

生物名:ブラッドストーカー

能力はクモの糸で物体から物体へ移動できます。

壁を自由に張り付いて移動することもできます。

糸を垂らして高いところから垂直に降りることもでき、戦闘では糸を使って相手を捕縛して一方的に攻撃できます。

二段ジャンプも可能なうえ、射撃時にサバイバーを持ち上げるようにして射撃を妨げないようにすることもできます。

ただ攻撃力はそこまで高くないようで戦闘メインで使う生物ではなさそうです。

グラップリングフック使いまくりという感覚

大海原バイオーム1

ark-genesis3

生物名:メガケロン

能力は甲羅部分に建築できることです。

頭と手足を引っ込めて海中に沈むこともできるので、PVPでは身を隠すことができます。

また、メガケロンからは酸素が漏れ出しているので近づくだけで呼吸可能。

時間経過でレアマッシュルームとレアフラワーをインベントリ内に自動生成する。

水中では泡のブレスで敵を強制浮上させることができ、地上では吹き飛ばすことができます。

噛みつくこともできますが、射程に難ありな印象。

お尻あたりから攻撃されたら一方的にやられそう

 

ヘルスと重量がかなり高く海洋の移動拠点として運用するのが良さそうです。

背中部分は結構広いので憧れの海上or海中拠点を作ることができます。

生物ならリードシクティスも反応しないでしょう。
※でもメガロドンに敵対されてたような・・・

大海原バイオーム2

生物名:Moeder

巨大なアンコウのような見た目です。

詳細はまだ不明です。

テイム不可。

後日追記予定

宇宙バイオーム

生物名:アストロセトゥス(Space Whale)

見た目は空飛ぶクジラです。

強力な噛みつきと広範囲の尻尾攻撃ができます。

TEKサドル装着時の能力は下記

・周囲のペットごと前方テレポート
・銃座から爆撃
・前方にマシンガン
※TEK以外のサドルはありません
最強の空中生物かも・・・

 

テレポートはエクスティンクションで登場する防衛ユニットのものとほぼ同じです。

ただ、距離は若干長いような印象。

空中の大型生物でケツァルより大きいかも。

PVPで弱点になりがちな機動力もテレポートでカバーできる

 

まとめ

『Genesis(ジェネシス)』は、過去DLCの中でも難易度が非常に高いマップです。

しかし、新生物はどれも魅力的なものばかりでブリーディングでステータスを上げたりするのがとても楽しそうですね。

まだ情報が少ないため、本記事は後々色々な情報を追記します。

新生物のテイム方法や専用エングラムについては下記関連記事をご覧ください。

 

≪関連記事≫

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました